著作権について

 『オントモ・ヴィレッジ』のコンサート・ホールでは、次のような楽曲の演奏が発表できます。

1…著作権が消滅している楽曲(日本での場合は、著作者の死後50年間、著作権が保護されますが、例外もあります)

2…著作権の保護期間内だが、日本音楽著作権協会(JASRAC)が著作権管理をしている楽曲(楽曲を使用するために料金がかかりますが、「オントモ・ヴィレッジ」が負担いたします)。編曲された楽曲もこれに準じます。

3…著作権保護期間内で、日本音楽著作権協会(JASRAC)が著作権管理をしていない楽曲だが、著作権者本人が投稿したもの。あるいは、投稿者が著作権者の許諾を取ったもの

 

★レンタル楽譜を使用した場合、その取扱い出版社の事前承認が必要な場合があります。出版社と予めご相談の上ご投稿ください。

★上記の条件を満たしているかが不明な場合は、このページ下の「お問い合わせ」からリンクしているフォームを利用してご相談ください。