聖光学院中学・高等学校 弦楽オーケストラ部

プロフィール

                  

(2011年12月現在/第18回全国高等学校選抜オーケストラフェスタ・プログラムから)

◆聖光学院は横浜市に位置する中高一貫の進学校で、勉強はもちろん、芸術にも力を入れているキリスト教カトリックの学校です◆我が弦楽オーケストラ部、通称「弦オケ」は年に一度冬の定期演奏会を目標に、日々練習に励んでいます。定期演奏会の他には本校の文化祭やミサ、学校説明会や依頼がある場合には教会などでも演奏を行っています。来年には我が校の新校舎のこけら落としとして、吹奏楽部などと合同でベートーヴェンの「第九」を演奏する予定です。部員数は今年で中学1年から高校2年の32人と、年々規模を拡大しておりますが、部員の仲は良く和気藹々と楽しくしております◆オーケストラフェスタには今年で3回目の出場となります。演奏する曲はチャイコフスキー作曲の「弦楽セレナーデ」から、第1楽章です。弦楽オーケストラの曲の中でも特に有名で、曲のイメージがつかみやすい分、どのような表現にするかに重点を置きました。男子校らしい、迫力のある演奏が出来るように精一杯がんばります。どうぞお聴き下さい。

聖光学院中学・高等学校 ウェブ・サイト

全国高等学校選抜オーケストラフェスタ ウェブ・サイト

1
第18回全国高等学校選抜オーケストラフェスタ
2011年12月26日(月) 東京都 日本青年館 大ホール
出演:聖光学院中学・高等学校 弦楽オーケストラ部、川島晃(指揮)

チャイコフスキー:弦楽セレナード 第1楽章〈ソナチネ形式の小曲〉  ⇒楽譜情報

第18回全国高等学校選抜オーケストラフェスタ
2011年12月26日(月) 東京都 日本青年館 大ホール
出演:聖光学院中学・高等学校 弦楽オーケストラ部員(MC)
自己紹介
1