九州交響楽団

プロフィール

創立年 1953年

◆1953年発足、73年からプロ・オーケストラとして活動開始。初代常任指揮者・石丸寛(現・永久名誉音楽監督)から、森正、安永武一郎(現・永久名誉指揮者)、フォルカー・レニッケ、黒岩英臣、小泉和裕、山下一史、大山平一郎、秋山和慶と受け継がれ、2013年4月から小泉和裕が音楽監督に就任◆指揮者陣には、桂冠指揮者に秋山和慶、首席客演指揮者に小林研一郎を擁してさらなる充実を図っている◆1990年の釜山公演をはじめ“アジアにひらかれた福岡”にふさわしい演奏活動、青少年育成のための演奏活動など、九州各地で年間約130回の演奏会を行っている。さらに、福祉施設でのアウトリーチ活動など、社会貢献活動も積極的に展開◆これまでに、福岡市文化賞、西日本文化賞、文部大臣地域文化功労賞、福岡県文化賞などを受賞。2006年から「九響シリーズ」のCDが発売されている。

公益財団法人 九州交響楽団 -The Kyushu Symphony Orchestra-

【演奏音源について】「レコード芸術」付録CD“Intermezzo”との連動企画「日本のオーケストラを聴く」の第14回。付録CDでしか聴けない未発表のライヴ音源からの抜粋。全曲は「レコード芸術」2013年7月号でお楽しみください。

1
第298回定期演奏会
2010年2月8日(月) 福岡県 アクロス福岡シンフォニーホール
出演:九州交響楽団、小泉和裕(指揮)

ブルックナー:交響曲第6番〔ハース版〕 第1楽章(抜粋)  ⇒全曲はこちらで  ⇒参考楽譜情報

1