2017.6.9 UP DATE

音楽の先生の働き方が変わる! 音楽のシェアオフィス「フォルテ・オクターヴハウス」

写真・動画撮影:弘田充 / 取材・文:編集部 

 

 自分の教室を開きたいけれど、自宅開業することに抵抗があり、でも教室を別に構える資金もない……そんな先生にオススメなのが、池袋駅東口から徒歩1分のシェアオフィス「フォルテ・オクターヴハウス」だ。新しい音楽教室のありかた、音楽の先生のためのワークライフバランスを提案する新形態だ。

 

 これまでは、ピアノなどの楽器の先生を始めるとなると、自宅を教室にするか、大手の音楽教室に勤めるか、大きく2つの選択肢で「どちらにしようか」と考える人が多かっただろう。大手の音楽教室と異なり、個人の音楽教室では、自分の考えひとつで運営できる部分が魅力であるが、反面、悩みも多い。

 

 最初のハードルになるのが、住所や電話番号を公開して宣伝すること。そんな解決しづらい問題が、自宅開業を具体的に計画していくなかで次々に出てくる。

 

「宣伝はしたいけれど、自宅の住所や電話番号を公開するのは心配」
「多くの生徒を集めたいけれど、大人の男性の生徒さんはお断りしたい」
「部屋をきちんと防音にしなくては」
「生徒がレッスン前に待つスペースをつくれない」
「プライベートな部分は見せたくない」
「複数の先生と一緒に運営したいが、音楽室が足りない」
「自宅が不便な立地なので、生徒が集まらない」

 

 2016年のオープン当初から、ここを利用して自身の音楽教室を成長させてきたレインミュージックスクールの代表、澤村茉莉子さんには、待望の設備だったようだ。

 

レインミュージックスクールの代表、澤村茉莉子さん。
ご自身はクラシックのピアノを教え、
そのほかの管弦楽器やポップスなどは 講師が担当する形態で
教室を成長させている。

 

 

「この8階のオクターヴハウスができる前は、9階にある系列のミュージックスタジオ・フォルテを利用していました。スタジオでのレッスンなので、一般のお客さんと同じように、入れ替え時間の混雑したなか、子どもの生徒さんがロビーで待つこともありました。その当時から、実はほとんどのレッスンをスタジオ・フォルテで行なっていたので、入会案内も他のお客さんがいるロビーで行なったり、きっと生徒さんも落ち着かなかったと思います(笑)。スタッフの方も気を利かせてくれるのですが、入れ替えの時間はお忙しいですし、そもそも教室として利用するサービスではないので、基本的に自分ひとりで行なわなくてはいけない。スムーズな運営とは言えない状況でした」

 

 

 そんな澤村さんの奮闘ぶりを見て考えたのが、ミュージックスタジオ・フォルテとオクターヴハウス両方のゼネラルマネージャーである大塚謙太朗さんだ。

 

ゼネラルマネージャー大塚謙太朗さん。
豊島区と地域が一体になって行なう「国際アート・カルチャー都市計画」で
アート・カルチャー大使として活動している。

 

 

「ミュージックスタジオ・フォルテのお客さまの半分くらいは、レッスンのために使われているのです。意外に多いでしょう? 澤村さんのように、ここを拠点としてレッスンに利用してくださっている先生が他にもいらして、これは、専用のオフィスをつくったほうがいいなと思いました」

 

 

 ちょうど、スタジオ・フォルテの下の階が空いたこともあり、このシェアオフィスを立ち上げ、澤村さんに声をかけたという。澤村さんは、この南池袋に住所や電話番号をおき、郵便物の受け取りや電話の転送をしてくれる「アドレスプラン」と、そこに“出勤”するようにオフィスとして利用する「ラウンジプラン」をどちらも利用している。

 

澤村さんの名刺には、この南池袋の住所と電話番号を記載。

 

 

ロビーにある専用ポスト。届いた郵便物はスタッフが投函しておいてくれる。

 

 

「オープンすると聞いて、すぐ8階の会員になりました。ほとんど毎日のように来て、ここで仕事をしています。私の教室では、クラシックのピアノ以外に、ジャズ・ピアノや歌、管楽器の講師もいるので、レッスンの合間にラウンジで打ち合わせをしたり、事務作業をしたり、お弁当を食べたりと、快適に過ごしています」

 

 オフィスとして必要な機能は、ほぼ揃っている。WiFiやコンセントが使えるほか、コピーやスキャン、プリント、FAXの機能をもった印刷機、シュレッダー、文具もある。コーヒーやコーンスープなどの自販機もリーズナブルな価格で提供している。

 

会員専用のラウンジ。
教室の講師たちと打ち合わせに使ったり、
ひとりで集中したいときには
奥にある机で黙々と作業に没頭できる

 

 

冷蔵庫や電子レンジ、ポットもあるので、
利用者の中にはスリッパを持ってきて、
レッスンの時間以外はラウンジで過ごす人もいるそうだ。
左にあるのはロッカー。ラウンジへの入退室には
セキュリティカードが必要なので安心だ。

 

 

 

「ムジカノーヴァ」や「音楽の友」など音楽専門誌も閲覧できる。

 

 

「レッスン室は9階のスタジオと同じように、鏡やマイク、伴奏音源を再生するためのオーディオなど、設備が充実しているので、クラシックだけでなく歌や管楽器のレッスンにも便利です。入会案内には会議室を使えますし、イベントスタジオもあるので、年1回の発表会とそのあとにある親睦会を同じ場所で開催しています」

 

 

レッスン室は、5畳のグランドピアノの2部屋と3.5畳のアップライトの2部屋を用意。

 

 

イベントスタジオは、グランドピアノを使えるほか、
150インチのスクリーンに映像を映して講座を開く、
飲食を持ち込んでの懇親会など、さまざまに使える。

 

 

 ロッカーはラウンジ内にもあり、楽譜やPC、事務用品などを置いておくこともできる。アドレスプラン用には、ラウンジの外にもロッカーを用意。ピアノの先生に限らず、趣味で音楽活動をする人でも利用できるので、会社勤めの方が楽器を預けておいて、仕事帰りに練習をして帰る、といった使い方をする人もいるそうだ。

 

 しかし、オクターヴハウスが大事にしているのは、スペースや設備だけではなく、スタッフによる教室運営のサポートだ。

 

「先生がレッスンに集中できるよう、事務的な部分はスタッフがサポートをしています。先生のレッスン中に生徒さんがいらしたらご案内しますし、アポイントなしに体験レッスンにいらっしゃる入会希望の方も、個人で運営されていると機会を逃してしまうことにもなり兼ねないですが、先生に連絡をつないだり、資料を渡しておくことも可能です。ヴァイオリンやサクソフォーンなど、レッスン用の楽器や大きい楽器など、持ち運びが大変という場合は、ここでお預かりするサービスも行なっています」

 

 

アットホームな雰囲気で、穏やかな印象のスタッフのみなさん。

 

▼ オクターヴハウスでのインタビュー動画

 


 

<他の利用者の声>

 

 

 

 ミュージックスクール&演奏家派遣ヴォーチェの代表でヴォーカル講師でもある廣瀨史佳さんも、アドレスプランとラウンジプランの両方を利用。

 

「スタッフの方々も音楽をされているそうで、講師、生徒さんどちらの気持ちもよく理解されて、教室の窓口として柔軟に対応してくださり、細かいところまで気付いてくださるので感謝しています。自宅で仕事をするとONとOFFの切り替えがうまくいかず、思ったよりも仕事がはかどらない歯がゆさも感じていましたが、オクターヴハウスが仕事にパッと切り替えができる場所になりました。

 

 イベントスタジオを定期的に利用して、教室の生徒さんの発表の場としてのイベントやセッション、ワークショップ、ミニコンサート等を開催しています。駅からも近くてわかりやすい場所なので、お客さまにも喜んでいただいています」

 


 

 きれいな音楽専用のオフィスで、スタッフのサポートも丁寧、池袋駅から徒歩1分の立地となると、料金が気になるところだが、入会費10,000円、年会費24,000円、アドレスプランは月額9,000円〜、ラウンジプランは月額15,000円〜とリーズナブル(すべて税抜)。各部屋などの設備は利用するぶんだけ支払えばよいので、自分の活動スタイルにあわせて、無理なく活用できるだろう。

 

 オクターヴハウスでは、今後イベントスタジオでピアノの先生向けのセミナーを開催していく予定。セミナーに参加する際には、見学もできるそうなので、百聞は一見に如かず、この空間やスタッフの雰囲気などを体験してみては? 

 


<オクターヴハウスで開催されるセミナー>

 

●デュエットゥ トーク&プレイ・セミナー
ピアノ連弾をとりいれて、音楽も人も育てよう!!

日時:2017年6月29日(木) 10:00〜12:00
受講料:一般 3,500円/ミュージックスタジオ・フォルテ会員 3,000円
詳細PDF

 

 

●山本美芽 ピアノ教本セミナー
もっと知りたい! ピアノ教本 〜歴史と特徴〜

日時:7月7日(金) 10:00〜12:00
受講料:一般 3,000円/ミュージックスタジオ・フォルテ会員 2,500円
詳細PDF

 

●古畑由美子 ロシア奏法によるピアノ教本『はじめの一歩』実践セミナー
美しい音を求めて… ノン・レガートからレガートへ

日時:2017年7月27日(木) 10:00〜12:00
受講料:一般 3,500円/ミュージックスタジオ・フォルテ会員 3,000円
詳細PDF

 

会場:オクターヴハウス内 イベントスタジオ

 

 

<セミナー申し込み/問い合わせ>
フォルテ・オクターヴハウス
〒171-0022 東京都豊島区南池袋1-26-9 第2M.Y.T.ビル8階
Tel.03-3982-8711 Fax.03-3982-8710
電話受付時間:10:00〜21:00

 

池袋には、西口にすでに東京芸術劇場があるほか
2019年には東口に「Hareza(ハレザ)池袋」という
8つの劇場が集まる複合施設がオープンする。
池袋駅には毎日260万人もが乗り降りをし、全国第2位の賑わい。
沿線には音楽大学も多くあり、音楽関係者が集まりやすい地域だ。

 

▼ 設備や料金などの詳細はこちら
https://forte-octave.jp

 

そのほかの みる・きく